3大メーカーを比較!業務用エアコンの選び方

 

家庭用のエアコンは、CMなどで馴染みがあるメーカーや商品を選んだり、店頭で見比べたりして購入されるかと思います。しかし業務用エアコンの場合、「どのメーカーの商品があるのかよくわからない」「メーカーの比較が難しい」と感じられている方も多いでしょう。


家庭用エアコンのトップシェアはパナソニックですが、業務用エアコンの場合はダイキンと三菱電機で約7割の国内シェアを占めています。業務用エアコシェアの残りはパナソニック、日立、東芝などのメーカーです。


そこで今回は、エアコン国内シェアを大きく占める3大メーカーの業務用エアコンの特徴をご紹介したいと思います。




■業務用エアコンのシェア1 位!ダイキン


業務用エアコンの国内シェア40%を占めるダイキンですが、実は世界の売り上げランキングでも1位。エアコン専門メーカーとして世界中で人気があります。


・ムラなく快適に、速く効く


目標温度に達するまで「アクティブ・サーキュレーション気流」で部屋全体をムラなく快適にする機能や、ダイキン独自の「S-ラウンドフロー(360°全周吹き)」で360度全ての方向に風を送り出す機能が購入者の口コミでも評判が良く、会議室や公共の場所など大きな部屋への設置に適しています。



・環境に合わせた商品展開


天井埋め込み式など、オフィス向けだけでなく、工場空調や作業空調など使用する環境にあわせた商品を展開。寒冷地でも素早く暖房が効く「スゴ暖シリーズ」も好評です。


・手厚いサポート体制



365日24時間対応のコンタクトセンターがあり、サポート対応が早いのも特徴のひとつです。


他メーカーと比較すると価格は高めになりますが、部品がしっかりと作られていて経年劣化しにくく、耐久性があります。長期的な視点で費用対効果を検討するとよいでしょう。




■360度自動で検知して快適に!三菱電機


ダイキンに次いで国内シェアの大きいメーカーが三菱電機です。業務用・家庭用ともに、設計開発から製造まで全てを日本国内で行っています。


・人感ムーブアイ360で自動検知


三菱電機の特徴ともいえるのが、360度回転しながら床温度や人を検知する「人感ムーブアイ360」です。部屋にいる人の温度や位置、人数まで見分け、お好みで「風あて」「風よけ」を設定したり、室内温度にムラがないよう調整したりします。


「ぐるっとスマート気流」を組み合わせれば、人を検知して風向きを上下左右に自動調整。直接風が当たることを防ぎつつ、人の周囲を暖めてくれます。冷暖房の風が直接当たる不快感を解消し、効率よく冷暖房できます。


人がいない状態が続く場合には、自動的に能力セーブや運転停止状態にもできるので、節電にもなります。



・リモートでメンテナンス


24時間のサポートセンターに加え、遠隔管理サービスもあります。リアルタイムでエアコンを監視し、異常時には素早く対応してくれるので、ビルの空調や倉庫などの徹底した温度管理が必要な場合におすすめです。




■ナノイー機能を業務用にも搭載!パナソニック



家庭用のシェア1位のパナソニックですが、最近では業務用エアコンにも力を入れています。


サンヨーの技術ベースで作られており、低騒音モードや省エネ効果など機能面にも特徴があります。家庭用エアコンでも人気のナノイー機能を業務用にも搭載。微粒子イオンを使って空気中のカビや花粉、ウイルス、臭いなどを抑えます。他メーカーと比べて価格が手頃なため、導入しやすいのも特徴です。




■メンテナンスも考慮して長期的な視点で業務用エアコンを選ぶ


各メーカーそれぞれの特徴を検討しながら、設置場所や費用に合わせてエアコンを選ぶとよいでしょう。業務用エアコンの場合、業務に支障が出ないように定期的にメンテナンスしていくことも大切です。購入時の価格や性能だけでなく、メンテナンス面も考慮しながら業務用エアコンを選びましょう。



江郷エンジニアリングではオフィスや店舗、工場などの業務用エアコンの交換やメンテナンスを行っています。東京都内や埼玉県、神奈川県で業務用エアコンについてご相談がありましたら、江郷エンジニアリングまで気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

人気記事